MENU
スポンサードリンク

ブルーライトが影響を引き起こす薄毛・抜け毛

ブルーライトを浴び続けると、なんと薄毛になりやすくなる?という報告もされています。

 

薄毛になる原因はさまざまなものがあり、また個人差が大きく特定は出来ないものの、薄毛になりやすい共通の環境というのは徐々に明らかになってきています。その一つが、パソコンやゲームを長時間することによる筋肉の硬直化です。

 

ある一定の姿勢をキープさせたままで長い時間経過すると、目のまわりや肩、腰等の筋肉が凝り固まり、血行が悪くなります。結果として、頭皮に髪の毛が成長する為の栄養素が十分に行き渡らなくなり、抜け毛・薄毛の原因につながると言われています。

 

 

筋肉の凝りというのは、目の疲れに直結している

目を長時間酷使してパソコン等の作業をしていると、自然と体全体の筋肉が硬直してしまい、血行不良を招いてしまうのです。目を疲れやすくさせるブルーライトとの関連性が、ここでもしっかりと指摘されています。

 

ブルーライトがもたらす頭皮への悪影響はこれだけではありません。

 

髪の毛が成長する為には、メチオニンという必須アミノ酸が使われるのですが、この物質は眼精疲労や紫外線で傷ついた網膜の修復にも使われます。

 

つまり、メチオニンがブルーライトで傷ついた網膜を修復する為に使用されれば、自然と頭皮に行き渡らないということになります。

 

最近薄毛になってきたなと感じたり、抜け毛が増えてきたと感じたなら、それは自分では意識していないところで、ブルーライトの影響を受けてしまっているのかもしれません。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671