MENU
スポンサードリンク

ブルーライトが影響を引き起こす睡眠障害

目に障害を与えやすいブルーライトですが、日中は浴びることで活動的になれると言われています。

 

そのため、朝や日中は太陽からのブルーライトを浴びることが有効である一方、就寝時についてはブルーライトは睡眠に入りにくくする効果が出てしまいます。これがブルーライトがもたらす睡眠障害として、多くの学会でも指摘されています。

 

体内リズムに影響

 

ブルーライトを夜間に多く浴びてしまう場合、脳内物質であるメラトニンの生成が抑制されてしまうと言われています。メラトニンの血中濃度は日中に低く、夜に高いので、睡眠と体内リズの維持に大きく影響している脳内物質です。

 

そのメラトニンの生成がブルーライトによって抑制されてしまえば、なかなか眠りにつけない睡眠障害に陥ってしまい、そこから寝不足、不眠症、そして健康悪化に結びついてしまいます。

 

日中は長時間PCを眺め、就寝前はベッドの上でスマートフォンやタブレットを注視する生活をしていると、ほぼ起きている間中ブルーライトの影響を受けているということになります。

 

ブルーライトは目だけでなく、体内リズムにも大きな乱れを生じさせる原因ともなっているのです。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671