MENU
スポンサードリンク

チョットした工夫でブルーライトの影響をおさえる

室内の蛍光灯が切れた時や、毎日の電気代が気になり始めた時など、LEDが頭をよぎるケースは常日頃あります。

 

確かに省電力・長寿命のLEDはこれまでの照明器具には無かった魅力が詰まった、優れた光源です。ですが、ひとたびLEDに変更すると、そこから発せられるブルーライトの量も自動的に増えていきます。

 

目先の利益の為に体内時計の乱れや不眠に陥ってしまったのでは、まさに本末転倒です。自宅は、ただでさえ多いブルーライトから身を守るべき場所として考える必要があります。少しでもリラックスして過ごせるように、照明器具の側面からも工夫しましょう。

 

職場や外出先の明かりはコントロールできませんが、自宅の室内の光はコントロールが出来ます。特に夜間のブルーライトを減らす為には、室内照明も十分に配慮する必要があります。今すぐに実践出来る、お勧め室内照明方法をまとめたのでご紹介したいと思います。

お勧め室内照明方法

LEDと蛍光灯を使い分ける

最近の室内用照明器具についても、LEDを使用したものが多くなっています。

 

一時期の省エネブームが影響し、電気代のことばかり注目される様になってから、さらに増えている傾向にあります。職場でも多くの蛍光灯が次々LEDに変わっていっています。

 

時には十分すぎる明るさをもつLEDなので、家ではシーリングライト等の直接照明として使用しないようにしましょう。LEDを使用する場合は、光を壁に当てたり足元を照らすような、間接照明として利用した方が得策です。

 

それでも明るさをどうしても確保したいのであれば、ダイニングとリビングのみにLEDを使用し、寝室には光源が見えない様に白熱灯を設置することがお勧めです。

 

調光できるタイプをえらぶ
 

直接照明でLEDライトを使用する場合には、調光出来るタイプの照明器具を選んだ方がいいでしょう。日中はかまいませんが、夜になるとLED特有の照明が明るすぎると感じることがあります。

 

そのため徐々にブルーライトを減らす必要のある夜は、LED照明を絞ることが重要です。調光機能は、そういったケースにはとても重宝すると思います。

 

青光ではなく黄色光を選ぶ

LEDでも蛍光灯でも、青白い光色は多くのブルーライトを含みます。

 

一方で、黄色味が強いタイプはブルーライトがやや抑えられている光色です。家に配置する場合は少しでも黄色光のタイプを採用する様にしましょう。

 

観葉植物を置く

緑色というのは目に優しい色ですし、自律神経の興奮を抑えて副交感神経を活発にする働きがあります。

 

LED照明に頼る部屋については、観葉植物とセットで配置するのもお勧めです。ちょっとした工夫で目の休み場を作り、より目に優しい環境にしていく工夫になると思います。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671