ブルーライトをカットするおすすめアプリ集

MENU
スポンサードリンク

ブルーライトをカットするおすすめアプリとは

人間の体内リズム調節に欠かせないホルモンであるメラトニンは、ブルーライトを浴びることによってその生成が抑制されてしまいます。

 

朝、太陽の光を浴びると目が覚めるように、起床時にブルーライトを浴びるのには効果があるのですが、一方で就寝する前に浴びてしまえば、なかなか寝付きにくくなっています。

 

様々な研究結果によると、より良い睡眠を確保する為に就寝する2時間前にはブルーライトを浴びない方が良いとされています。

 

ですが、スマートフォンやタブレットの普及もあり、忙しい現代人にはなかなか守られないのが現状だと思います。特に就寝前の寝転びながらネットサーフィンをするのは、密かな楽しみとなっている人も少なくないと思います。

 

そのため、もちろん寝る前にスマートフォンを見るときにも、メガネやブルーライトカットフィルムを使用してブルーライトカットに励むのが一番効果的です。

 

ですが、もう少し簡単にブルーライトを抑える方法があります。それは、ディスプレイにブルーライトを軽減させた照明に変化させるアプリを導入することです。

ブルーライトを軽減させる為のアプリ

ここではディスプレイからブルーライトを軽減させる為のアプリを、Android用、iphone用の2つに分けてご紹介したいと思います。

 

Android対応アプリ

 

ブルーライト対策プロテクター 無料

 

 

ブルーライトを軽減させられる手軽な無料アプリです。特徴はブルーライトと明るさの2つが自由に調整できることです。また、スマートフォンを起動するとすぐにブルーライトカットモードに入る設定が簡単にできるので、使用している間はブルーライトを軽減することができます。

 

 

Reduce Blue Light Lite 無料

 

 

通常画面とブルーライトカットモードをワンタッチで切り替えられる手軽さが人気です。ブルーライトカットの度合いが簡単に調節でき、無料でダウンロードできるのも大きな魅力です。その分、広告表示や細かい設定とかが省略されていますので、細かい機能性が必要になった場合は製品版を購入するといいでしょう。

 

 

ブルーライトプロテクト 無料

 

 

大きな特徴は、ほかのブルーライト軽減アプリでは全体に薄茶色の画面になるのに対し、この『ブルーライトプロテクト』は薄茶色に加え、「ワイン」「オレンジ」「省エネモード(薄グレー)」の3色のフィルターが追加されていることです。薄茶色の見え方がどうしても苦手な方には、ちょうど良い機能といえます。また、無料で利用できますが、ネットワーク通信や広告表示は一切ありません。また、ブルーライトを軽減するアプリを使用した場合の消費電力を軽減できる工夫も徹底されているのも見逃せません。

 

iphone対応アプリ

 

ブルーライトカットブラウザ 無料

このアプリの特徴はiphone史上最も暗いブラウジングが可能というところです。もともとWebブラウザとして利用できるアプリで、iphoneに標準装備されているSafariと同じようにシンプルでわかりやすくなっています。ブルーライト軽減率を自由に設定できますが、極限まで行くと真っ暗になります。さすがに真っ暗な画面では何も見えませんが、実際に就寝前にブルーライトを落とした状態で画面を見ると、通常画面よりも見やすくなっていると感じると思います。

 

Androidtとiphoneの比較

Android

 

 

色々アプリを比較してみると、ブルーライトを軽減するアプリはAndroid対応のものが多くリリースされています。それらの多くは無料になっており、設定次第でスマートフォンで閲覧するすべての画面での適用が可能です。ただし、その分アプリ起動が重たく感じたり、消費電力が多くなってしまったりというマイナス側面もあります。

 

以上を考えますと、Androidを使用しているユーザーは、自分にとって最も良く合うブルーライト軽減アプリを導入し、実際に利用してみるのが良いと思います。

 

iphone

 

 

iphone用では、『ブルーライトカットブラウザ』の一種類しか存在していません。同じく無料でダウンロードできますが、そのブラウザを通してのネットサーフィン時にしか効果を発揮しません。つまり、他のゲームや電子書籍を読む場合には適用できないのが難点です。

 

iphoneユーザーにとっては、ウェブブラウザ用のアプリしかない為、ブルーライトカットフィルムを本体に貼るという物理的な方法がお勧めです。

 

各メーカーから他機種がリリースされているAndroidとは違い、現行iphoneの画面サイズは基本1種類なので、ブルーライトカットフィルムはAndroidよりも入手しやすかったり、値段も手頃だったりします。

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671