MENU
スポンサードリンク

ブルーライトが影響を引き起こす網膜光障害

ブルーライトが引き起こす障害の一つに、網膜光障害というものがあります。これは、ブルーライトが他の光に比べて、非常に強いエネルギーを持っている為に引き起こしてしまう重大な障害です。

 

ブルーライトが原因となる網膜光障害は、加齢黄斑変性であると言われています。加齢黄斑変性とは、ブルーライトの影響を多大に受けた網膜の中心に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなってしまう(ピントが合いにくくなる)病気です。視点の中心部分ではピントが合わくてモノがゆがんで見えたりする一方、周辺は正常に見えるという特徴があります。

 

失明になる危険性も

 

加齢黄斑変性は加齢とともに症状が加速されるものではありますが、欧米では65歳以上の失明原因の第一位として認識されています。日本でもその加齢黄斑変性は年々増加していることを受け、多くの眼科医がブルーライトを長時間浴びる事に対して警笛を鳴らしているのです。

 

ブルーライトはその強力なエネルギーによって、目の角膜や水晶体をすり抜け、網膜まで届きやすいと言われています。若年齢層でもブルーライトを浴び続けることにより、早期に加齢黄斑変性になってしまう危険性がはらんでいるとも言えるでしょう。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671