ブルーライト対策の目薬の選び方とケア方法

MENU
スポンサードリンク

ブルーライト対策に効果的な目薬を選ぶコツ

 

疲れ目や目の健康を維持したい場合、目薬を定期的に使用するのはとても効果的です。よくCMなどである、爽快感を手軽に得られるのも目薬ならではの魅力です。

 

ただし、よりブルーライト対策に効果的なものを選ぶには、以下の基準を持っておくと良いでしょう。

 

ビタミンB6,B12とタウリンを配合させている

 

目のケアを目的とする目薬なら、多くの製品が視神経の健康維持に役立つビタミンB6を配合させていますが、ビタミンB12も同時に配合させているものが良いでしょう。

 

ビタミンB12は目のピンと調節を行っている毛様体筋の働きを整え、活性化してくれるビタミンです。

 

目のピント合わせる時に、知らず知らずたまってしまう目の疲れを回復するのに、とても重要な物質なのです。

 

また、傷ついた角膜を修復するのに効果的なタウリンも併せて含んでいた方がより効果的です。

 

充血を取る物質は含まない方が良い

 

目の疲労回復と同時に充血も取ってくれる目薬も多く販売されています。

 

これは、血管収縮剤という物質を使用することで、目の周りの血管を強制的に縮め、目の充血を抑えるという効果を発揮しているものです。

 

綺麗な白目に見せたいという理由で使用されている女性の方も多くいらっしゃいます。

 

充血に悩んでいる方にとってはとてもありがたい効果なのですが、点眼液の効果が時間とともに薄れるにつれ、徐々に縮んでいた血管が緩んで再度充血してしまいます。

 

そうなると再度点眼し、また充血を取るという行動パターンに陥ってしまいます。充血というものは、目の毛細血管が拡張した状態です。

 

つまり目から出ている何かしらの症状の「サイン」であることも多く、強制的に充血を取るということはあまりお勧めは出来ません。

 

血管収縮剤は具体的には塩酸エピネフリン、塩酸エフェドリン、塩酸テトラヒドロゾリンなどがあり、それらの名称とパッケージとを見比べながら判断をしていきましょう。

 

どうしても充血も取りたい場合は、それらの濃度が出来るだけ薄くなっているものを選ぶ様にしましょう。

 

スキッとする成分を理解する

 

目薬をすると目がスキッとなるような清涼感を感じることができます。

 

このスキッとする成分の正体はメントールやハッカ油、ユーカリ油などで、有効成分以外の添加剤として使用されています。

 

この清涼感はオマケのようなもので、実際にスキッとするからといって、目の保護に効いているということにはなりません。

 

そのため、そのスキッとなる効果にだまされて不適切な目薬を使い続けると、期待されたような効果が得られないこともありますので注意が必要です。

 

これと同様に、しみる目薬についても同じことが言えます。角膜の透過性を向上させて、有効成分を浸透しやすくさせる緩衝剤というものが添加されているため、この「しみる」感じがでるのですが、直接的な効果はありません。

 

 

 

目のケア方法

ホットアイマスクを使用する

 

職場などでは使用は難しいと思いますが、寝る前の目のケアとしてお勧めなのがホットアイマスクです。ストレス自体がたまっていたり、寝る前にどうしてもPCやタブレットを使用しなければならない時などは、このホットアイマスクで目の緊張をほぐしてあげるのもよい方法です。

 

そうすることで、目元の血行が改善され、眼精疲労回復にとても効果が期待できます。

 

また、眼精疲労からくる血行悪化によって出来る目元のクマも、このマスクで改善や予防をすることが出来ます。

 

また、目の緊張をほぐすことで、安眠効果も促すことが出来ます。

 

良質な睡眠が出来れば、ブルーライトによって乱された体内時計を取り戻すことも期待出来ると思います。

 

 

慢性的な目の不調は目薬だけでなく身体の内側からケア

目薬の選び方を中心に目のケア方法をご紹介してきましたが、あくまでもブルーライト対策の一部だと捉えていただければと思います。

 

日中のブルーライトにはメガネやフィルムなどで十分に対策をした上で、目薬やアイマスクで目のケアを強化すると、さらに効果が高まるのではないかと思います。

 

空いた時間はディスプレイから目を外して、点眼する習慣をつければ、目のリフレッシュだけでなく心のリフレッシュにもなること間違いなしです。

 

最近の研究結果から、ブルーベリーに含まれるアントニシアンが身体の内側からブルーライトを守ってくれるという結果も出ています。

 

数あるブルーベリーの中でもアントニシアンの含有率が高いのでおすすめです↓


 

※ブルーベリーはブルーライトだけでなく、眼精疲労や様々な目への疾患を予防・改善することができます。

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671