子供をブルーライトから守る

MENU
スポンサードリンク

子供の目は親が守る

近視の低年齢化を止める為には、科学技術の発達を否定する方法ではまず成功しないと言っても過言ではありません。そのため、子供をブルーライトから守る方法は以下の2つしか無いと考えています。

 

ブルーライトへの知識を正しく教育すること

ブルーライトがどのように身体を変化させ、大量の照射を防ぐことが重要であるかをしっかりと認識させる必要があります。

 

ブルーライトを出来るだけカットすること

ブルーライトを実際にカットする環境にするには、ブルーライトカットメガネを中心に、身につける習慣をつけさせることに他なりません。

 

目における環境の変化

 

ここ10年程度で子供の目における環境はずいぶん変化しています。

 

この環境の変化というのは、もはやいうまでもなく、ブルーライトの増加にあります。2000年前後からパソコン普及率が急速に高まり、多くの学校教育にも取り入れられました。LEDライトを搭載している液晶テレビが普及し出したのは、2006年辺りからです。

 

同じくLED技術によって支えられているスマートフォンはその後間もなく世界中に広まり、タブレットを含め子供たちが触れない日は無いというぐらい生活に深く浸透しています。

 

つまり、現在の子供たちはこれまで人類が経験していないレベルでのブルーライトの影響を受けているのです。これは、今までの近視の低年齢化のペースを大きく上回ることが、今後十分に考えられる状態とも言えます。

年々、子供の目は衰えている

「近視の子供が増えている」というのは、ずいぶん昔から一般的に言われていることです。それもそのはず、現在では小学生の30%以上が近視になっており、高校生になると約60%が近視という状態です。

 

子供の半数以上は近視になってしまっているこの状態は、ここ60年で近視の子供が約5倍以上に増えてしまっていると言われています。近視の低年齢化というのは、慢性的な問題になっているようです。

 

しかしながら、最近の統計ではもっと恐ろしい傾向が発覚しています。

 

文部科学省の08年学校保険統計調査によると、裸眼の視力が1.0未満の小学生が29.9%で4年前に比べて4.3ポイント増、中学生が52.6%で4.9ポイント増という結果でした。

 

近視を進めないための3つの方法
多くの専門家がすすめる近視を進行させないための方法
  1. テレビゲームなどの使用は出来るだけ控える
  2. 読書や勉強の際には机から30センチほど目を離す
  3. 度数のあったメガネを使用する

ところが、現在これを守れる子供はほとんど皆無と言っていいでしょう。タブレットやスマートフォン、移動型ゲーム端末がこれほど普及して行く中で、それらの使用を止められる親がはたしてどれぐらいいるでしょうか?

 

LED照明に至っては、省電力効果が期待できるため、むしろ多くの自治体や民間企業に奨励されています。まさに対策と環境が真逆な状態なのです。

 

子供の目は年齢を重ねた大人の目よりも、蒼く透き通っています。それは、水晶体の透明度が高いため、大人の目よりも網膜まで光が到達しやすいという状態なのです。

 

大切な発達の時期に正しくブルーライトをカットさせる方法を学ばせなければ、大人の目よりも繊細に影響を受け、近視の低年齢化はもちろん、ブルーライトによる黄斑変性も同じく低年齢化させてしまう事態も招きかねません。

 

子供の目は親が守るという意識で、ブルーライト対策に取り組んで行ってほしいと思います。

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671