ブルーライトをカットする良い方法&悪い方法

MENU
スポンサードリンク

ブルーライトをカットする良い方法&悪い方法

ブルーライトをカットする方法は、PCメガネを掛けるか、PCディスプレイに特殊フィルムを貼るという2つの方法が、現在では最も実用的で有効な手段だと言えます。

良い方法

ブルーライトカットメガネを使う(通称:PCメガネ)

 

 

ブルーライトを軽減する効果のある特殊レンズが入ったメガネをかけることによって、ブルーライトを除去することが出来ます。

 

除去する範囲はレンズのカラーによって様々で、ブルーライトカット率は約30〜50%が中心になっています。

 

より自然に見えるレンズはブルーライトカット率がやや低めで、より濃いレンズを使用すると、ブルーライトカット率が50%近くになります。

 

ブルーライトカットフィルムを使う

 

 

LEDをバックライトに用いているディスプレイに、直接ブルーライトカットフィルムを貼る方法です。

 

ブルーライトを約40%カットでき、PCを中心とした長時間の作業でもブルーライトの影響を軽減することが出来ます。

 

斜めに傾けられた大きめのディスプレイにフィルムを貼ることになるので、作業に手間取ることもありますが、メガネを掛けることに抵抗がある人には良い方法だと言えます。

 

身体の内側から守る

 

 

最近の研究結果から、ブルーベリーに含まれるアントニシアンが身体の内側からブルーライトを守ってくれるという結果も出ています。

 

数あるブルーベリーの中でもアントニシアンの有効成分が高いのでおすすめです↓

 



 

※ブルーベリーはブルーライトだけでなく、眼精疲労や様々な目への疾患を予防・改善することができます。

 

悪い方法

ディスプレイ設定を変更することで、ブルーライトをカットできる方法も多く紹介されています。ディスプレイ自体の明るさを抑えたり、白黒反転して表示させる方法がありますが、これらの方法は実用度は低いと考えられます。

 

ディスプレイ設定を変更する

 

 

明るさを抑えたディスプレイは、ブルーライトが原因ではない眼精疲労を引き起こしやすいということが挙げられます。

 

人間の目は見にくいものを見る場合、視力の善し悪しに関わらず目を細めて(眉間に力を入れて)注視する傾向があります。

 

つまり、ディスプレイの明るさを抑えると、目に力を加えての作業が続き、余計に眼精疲労につながりやすいということになります。

 

白黒反転方法

 

 

白黒反転方法の場合、黒が背景にくることで明るさを文字にのみ集中させることが出来ることで、目に対する疲労度は軽減できると思われます。

 

しかしながら、スマートフォンやタブレットなどのアプリや写真表示には白黒反転表示が対応していないものも多いのが現状です。

 

白黒反転画面はブルーライトをカットできる反面、通常見られる色彩が異なってしまうという大きなデメリットが存在しているのです。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671