ブルーライトとがんの関係

MENU
スポンサードリンク

ブルーライトとがんの関係

ブルーライトを浴び続けることは、目に異常をきたすだけではなく、ヒトの体内リズムを変えてしまう威力があります。

 

適切な時間に浴びることで、体を活発にしてくれるこのブルーライトですが、現代は所構わず、一日中浴びている環境下にある人が大半です。つまり、体内リズムを狂わせてしまう要因と、隣り合わせで生活しているようなものです。

 

体内リズムが狂ってしまうと

睡眠障害ということだけで言えば、毎週末に十分な休養をすることで解消できてしまうように感じてしまいますが、そこには恐ろしい危険性が潜んでいます。それは、現在日本人の死因の第一位になっている病気、癌との関連性です。

 

癌細胞とは

 

私たちの体は、60兆もの細胞で出来ており、毎日細胞分裂を繰り返すことで古い細胞が徐々に死滅し、新しい細胞に生まれ変わるサイクルを経験しています。その細胞分裂を何度も繰り返していると、一部にミスコピーが発生することがあります。これがいわゆる癌細胞です。

 

毎日の細胞分裂を繰り返す過程で、私たちの体には毎日1000個以上の癌細胞が作られています。しかしこの癌細胞は、一度発生すればすぐに癌に結びつくものではありません。

 

細胞には自分が不要だと判断した場合、自ら死滅する機能を持っているからです。ただし、そのミスコピーされた癌細胞が死滅せずに増殖を続けようとするものがあります。その場合、癌が発症してしまうのです。

 

ブルーライトカットでがん予防

 

癌発症のリスクを減らそうとした場合、まず癌細胞自体の発生を抑えること、そして発生してしまった癌細胞を死滅させることが重要になってきます。そして、これらの機能に大きく関わっているのが、時計遺伝子だと言われています。

 

時計遺伝子を整えること

まず細胞分裂のミスコピーを減らすことができます。そして、仮に癌細胞が作られたとしても、健全な時計遺伝子の元で作られた細胞であれば、自ら死滅させる確率が高まっていることがわかっています。

 

つまり時計遺伝子を正常に働く環境におくことで、癌を予防することができるのです。

 

時計遺伝子を健全化するためには

ブルーライトが大きく関連しているのはもはや言うまでもありません。体内時計を正常化し、間接的に癌を予防するためには適切な器具等を用い、ブルーライトとうまく付き合って行くしか方法はありません。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671