MENU
スポンサードリンク

ブルーライトが影響を引き起こすドライアイ

ブルーライトは、その強い光のせいで目の疲労度が極端に高くなります。ブルーライトはドライアイにとってまさに天敵とも言える存在です。

 

ドライアイというのは、様々な要因によって目の中の涙が少なくなる、目の疾患です。症状が現れますと、視神経の疲れや乾燥を引き起こし、目を傷つけやすくしてしまいます。

 

そのドライアイを引き起こす原因は様々で、一つには冷暖房による空気乾燥や、コンタクトレンズの装着なども要因として考えられます。ですが、一番の原因はテレビやパソコンから出るブルーライトにあると言われています。

 

LEDはかなり強いブルーライトを発光させる

 

パソコンやスマートフォンのモニターから映し出されている光の多くは、LEDによってまかなわれています。その輝度が高いLEDですが、実はかなり強いブルーライトを発光させることでも知られています(下図スペクトル参考)。

 

理由は、ブルーライトは他の可視光線に比べ目に届く光が強く、モノのコントラストをはっきり映し出す効果があるからです。

 

 

ブルーライトの光のスペクトルである、400nm〜500nmまでが、他のスペクトルに比べると突出しているのが分かります。

 

つまり、LEDが使用されいているモニター画面を長時間見ると言うことは、目に多くのブルーライトの影響を与えて、ドライアイにつながりやすくしていると言うことが分かります。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671