ブルーライトと美容の関係

MENU
スポンサードリンク

人の印象は目に現れる

他人の目の状態がしょぼしょぼしていたり、疲れている様に見えれば、その人の健康状態そのものもはやり疲れている証拠です。もしそういった状態の目を見てしまうと、人間は自然に相手にネガティブな印象を持ってしまいます。

 

一方で、目がキラキラしている人を見れば、若々しくエネルギッシュに見えます。その輝いている目はポジティブな印象を持つだけでなく、自然と人が集まり、実年齢よりも若い印象を相手に与えることが出来ます。

 

実は、このしょぼしょぼした疲れ目とキラキラした輝きの目は、目のとある部分が作用している結果であることが分かっています。その重要な役割を担うのが、目の「虹彩」という部分です。

 

虹彩は目に取り入れる光を調節する役目があります。

 

まぶしいと感じて目をすぼめてしまうのも、この虹彩があるからです。虹彩は不要な光をまぶたなどでカットし、必要な光は瞳孔を開いて多く取り入れようとします。

 

疲れ目の状態

光をカットする方向で、虹彩が働いてしまった場合に起こります。目はどちらかというと細めになってしまい、どこか「覇気がない」「なんだか老けている」という印象が出てしまいます。

 

輝きのある目

虹彩が出来る限り開き、目を見開いて多くの光を取り入れようとした状態です。つまり、「目ヂカラがある」状態に近づくわけです。

 

この虹彩の働き一つで、相手にどの様な印象を与えるのかをコントロールすることができます。つまり、出来るだけ「まぶしい」と感じる時間を避け、光を自然に取り込むことで、目を大きく、力強く見せることができます。

 

目の下のクマを引き起こす

 

近年のブルーライトの出現によって「まぶしい」と感じる時間が著しく増加傾向にあります。言い換えれば、虹彩が閉じる時間が長くなっているのです。

 

虹彩がまぶしさを感じる時間が長いと、さらにマイナス要因を引き起こします。

 

まぶしいと感じて目を細めると、その目の周りの筋肉が収縮し、血行不良を招くのです。この血行不良が長い間続くと、「青クマ」となり目の下にクッキリと現れてしまいます。

 

鏡で自分のクマを見ると、「疲れているんだ」と判断し、より多くの睡眠を取って少しでもクマを取ろうとしてしまいがちです。

 

しかし、睡眠だけでは中々取れない経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

それは知らず知らず、ブルーライトによる「まぶしさ」から虹彩が逃げようとしている結果の跡なのです。

 

光彩の動きというのは自分で調節は出来ません。

 

まぶしいと感じることは、もやは本能であって、理屈で瞳孔を開くというのは不自然だからです。そのため、少しでも相手によい印象を与えるには、ブルーライトを効果的にカットをするしかありません。

 

LEDから出てくるブルーライトを削減し、目によってより自然な光を与えること。それにより、常にしかめっ面しながらパソコンモニターを見るケースもずいぶんと減るはずです。

 

相手によりよい印象を与える目は、自らの努力で作り上げることが出来ます。ただ、それは一朝一夕では達成出来ません。

 

これまでブルーライトに多くさらされてきた目をリセットさせ、ブルーライトをカットする習慣を身につけること。非常に身近なところから始められるブルーライト対策が、相手に好印象を与える大きな一歩なのです。

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671