MENU
スポンサードリンク

ブルーライトをカットする方法

ブルーライトをカットする良い方法&悪い方法

現在のブルーライトをカットする良い方法と悪い方法の2つを紹介します。代表的な良い方法としては、PCメガネ(ブルーライトカットメガネ)を使用すること、そして、ディスプレイにブルーライトカットフィルムを貼ることです。

 

一方、ブルーライトをカットする為にディスプレイの明るさを極端に抑えてしまったり、白黒反転表示にすることはむしろ視認性を下げてしまい、違う眼精疲労に繋がります。

 

 

ブルーライトをカットするには、メガネ派?フィルム派?

ブルーライトをカットする代表的な2つの方法(PCメガネかフィルムか)のメリットとデメリットを紹介します。

 

PCメガネは安価で手軽なことが魅力ですが、メガネを煩わしく感じてしまう人には違和感があるかもしれません。一方のフィルムはメガネよりも透明度が高いので、自然な見え方を確保できる一方、貼る手間やディスプレイ毎に必要になるため、高コストになるデメリットがあります。

 

 

PCメガネの選び方

現在多くのPCメガネ(ブルーライトカットメガネ)が各社から発売されています。そのお勧めのPCメガネの選び方を3つに分けて、紹介をしていきたいと思います。

レンズの種類
メガネフレームの種類
その他のポイント

 

 

ブルーライトカットフィルム選び方

PCメガネほど多くはありませんが、ブルーライトカットフィルムにもある程度選ぶ時のコツがあります。そのお勧めのフィルムの選び方を4つに分けて、紹介をしていきたいと思います。

フィルムの反射率
光の透過率
表面硬度
フィルムの貼りやすさ

 

 

ブルーライトをカットするコンタクトレンズ

最近ではブルーライトをカットするコンタクトレンズが発売されています。

 

まだ1種類のみで、尚且つソフトタイプしかありませんが、PCメガネの煩わしさが嫌な人やフィルムを貼る手間を避けたいという人には理想的なブルーライト対策です。

 

 

ブルーライトをカットするおすすめアプリ集

どうしても寝る前に見てしまうのがスマホですが、寝る前のブルーライトは睡眠障害に繋がってしまいます。ここでは、スマホやタブレットから出るブルーライト軽減用のアプリをAndroid用, iphone用に分けて紹介しています。

 

ブルーライトが引き起こす影響と症状

スマートフォンやタブレットが個人に一つ以上ある現代において、人類の目はこれまで経験したことのない程、ブルーライトの危険性にさらされています。ブルーライトの一つの弊害であり、失明をも引き起こす加齢黄斑変性も、近年では高齢者だけでなく、中年にも増えていると言われています。

ドライアイ

パソコン等のディスプレイをくっきり見せる効果のあるブルーライト。そのディスプレイのメイン光源であるLEDは他の光源に比べてブルーライトが非常に多く含まれています。液晶ディスプレイを長時間見ることは目に悪影響を及ぼし、ドライアイに繋がりやすくなります。

睡眠障害

ブルーライトには、目だけでなく睡眠にも悪影響を与えてしまいます。ブルーライトは睡眠を誘導させるメラトニンの生成を抑制し、結果としてなかなか寝付きにくくなってしまいます。寝る前のスマホには要注意です。

 


 

薄毛・抜け毛

薄毛や抜け毛の悩みには、ブルーライトが影響しているのかもしれません。薄毛の原因の一つとして、頭部周辺の筋肉の硬直であるといわれています。ブルーライトにより目の周りの筋肉が硬直しやすくなり、結果頭皮の血行が不良になり、薄毛に繋がりやすいと言われています。

網膜光障害

ブルーライトは目のピントが合いにくかったり、目がかすみやすくなる網膜光障害をも引き起こす危険性があります。もともとは加齢が原因で引き起こされてきた黄斑変性が、ブルーライトの影響で若年層でもかかってしまうことが懸念されています。

 


 

ブルーライトとがんの関係

人体の生体リズムを狂わせてしまうブルーライトは、最も恐ろしい生活習慣病である癌との関連性も指摘されています。体内時計の乱れが、癌細胞生存率を上げてしまうと言われています。ブルーライト対策は体内時計を調節し、間接的な癌予防にもなりうるのです。

 

ブルーライトと美容の関係

人は相手の目を見ることで多くの情報を得ています。ブルーライトで疲れきった目をしていると、ついつい相手に疲れている印象を与えてしまいます。ブルーライトをカットし、まぶしいと感じる時間を短くすることで、目の虹彩を生き生きさせるだけでなく、目の下の青クマの発生を抑えることが出来ます。


 

ブルーライトの予防方法と対策

もちろん、予防するためにはブルーライトカットが効果的です。しかしながら、目に入る全てのブルーライトはカットできません。街にある多くのディスプレイや照明器具は、LED以外のものを探す方が困難だからです。

食事で目を保護する

ブルーライトで傷ついた目をケアする為に有効な栄養素があります。ブルーベリー等に含まれるアントシアニンや、ケールやほうれん草に含まれるルテインがその代表です。食事ではなかなか摂取しにくいそれらの栄養素はサプリメントで摂取することがおすすめです。

 

 

子供をブルーライトから守る

近視の子供が増えている傾向は、この10年でさらに強まっています。2006年以降広く普及し始めたLEDを光源とする液晶ディスプレイの影響が、子供たちの目を脅かしているからです。

 

大人だけではなく、子供たちにもブルーライトの影響と対策を正しく教育することが今求められています。

 

食事で体内時計を整える

ブルーライトによって乱れてしまった体内時計は、食事でも調整することが出来ます。

 

青魚に多く含まれているFDAやDHA、貝類に多く含まれているビタミンB12を効果的に摂取することが有効です。ただし、ただそれらを摂取するのではなく、食べる時間についても配慮が必要です。

 

 

正しい目薬の選び方と目のケア

食事よりもさらに手軽に目のケアをするには、目薬がおすすめです。

 

ブルーライト対策に有効な目薬を選ぶには、目の充血を取る薬品を含まないタイプで、ビタミンが多く含まれているものが効果的です。また、ホットアイマスクを使用して、寝る前に目をリラックスさせるのも効果的です。

 

おすすめの室内照明環境

日中多くのブルーライトを浴びてしまう人は、出来るだけ自宅内ではブルーライトを浴びないような照明環境にしましょう。維持費が魅力なLEDですが、自宅では出来るだけ避けることが望ましいです。

 

どうしてもLEDを使う場合は間接照明にしたり、調光出来るタイプの照明器具を使いましょう。また、より赤みのある光で統一することも効果的です。

 

ブルーライトは本当に有害なのか?

ブルーライトは、パソコン等の画面のコントラストを際立たせて、画面を奇麗に見せる効果がある一方、視力への影響や睡眠障害への影響など、様々な症状を引き起こす原因のひとつです。そして、そのどちらもが医学的見解が発表されています。

 

視力障害については2006年にアメリカのActra Ophthalmologica Scandinavicaという学会誌で発表されています。睡眠障害については、ブルーライトが睡眠誘導ホルモンであるメラトニンの生成を抑制してしまうという学会発表がなされています。

 

 

 

 

実感にこだわった本物の素材を使ったブルーベリー

9671